上質の離型剤は生産効率を上げたいと考える会社の強い味方

離型剤の選び方について専門メーカーに相談してみよう

ワックスがけ

シリコン製品やゴム製品など、幅広い用途を持つ製品の製造業者は、常時、厳しい納品スケジュールに追われているところが多いでしょう。納期順守のためには、市場に出せるクオリティの製品を限られた時間内に求められた数量、確実に製造しなければなりません。そのためには、製造工程の一つ一つの品質向上と効率化が必要です。
重要な製造工程の一つである成形作業においては、品質向上と効率化の双方に関して、離型剤の選択が大きな影響を及ぼします。離型剤が優秀なら、金型を使って成形した製品は、そのまま製品として完成させる次のステップに進めます。一度の成形で破損する製品の数が少なければ少ないほど、目標製造個数に達するスピードを早くすることができます。また、金型を連続使用できる数が多ければ多いほど、単位時間内に製造できる製品数が増え、生産効率をアップさせることが出来ます。
このような要請に応えることが出来る離型剤としては、優れた非粘着性とすべり性を発揮するフッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤が考えられます。フッ素系離型剤の中にも様々な種類の違いがあるため、最善の選択はどれかについては、フッ素コーティング剤を扱う専門メーカーに相談してみるといいでしょう。

フッ素コート剤専門メーカーから離型剤を購入するメリット

優れた製品を作るためには、良いデザイン、品質のよい素材、使いやすく高性能の道具が必要になります。特に、プラスチックやシリコン製品を製造するなら、成形作業に欠かせない離型剤としてどの製品を使うかが非常に大切な選択になります。成形が難しいデザイン性の高いスリムでコンパクトな製品を作っている場合は、高度な離型効果があるフッ素系離型剤を選択するのが一番です。フッ素系離型剤は、フッ素コート剤を物体に塗布した場合の効果をそのまま離型という作業に応用したタイプの製品です。そのため、フッ素コート剤の専門メーカーで購入すると、離型剤としての効果や使い方などの詳細を説明してもらい、製品についてよりよく理解することができるでしょう。
フッ素コート剤は、少量の使用でも、金型に十分なレベルの非粘着性を付与して、成形物のスムーズな離型を可能にするという特長があります。離型剤ユーザーとして気になるのは、塗膜の厚みがどの程度で、何度くらいの連続離型が可能なのか、一日に多くの製品を離型していて途中で離型が上手くいかなくなってきたとき、現場対応が可能な製品があるかどうか、といった実際的なことでしょう。そうした問題についても、専門メーカーに相談すれば、明確な回答が得られるはずです。

現場で塗布可能なフッ素コート剤使用の離型剤で増産対応も容易に

デザインや製品コンセプト、或いは、ハイレベルの機能性などが消費者に受けて、メガヒット商品になるプラスチック製品やシリコン製品があります。ヒット商品は、流行しているうちにどんどん増産して売りまくるのが商売の常道です。そのため、ヒット商品が出ると、生産現場は増産対応のため、たちまち忙しくなります。ことに、成形作業は、製造プロセスの律速となるステップであり、商機を逃さないためにも、増産の要請には何としても応えなければなりません。
そんな状況がよくあるのなら、是非、現場で使えるフッ素系離型剤を購入して、作業場に常備しておくようにしましょう。離型剤は、製品を綺麗に形造るために、金型と並んで欠かせない重要なアイテムです。フッ素系離型剤は、フッ素コートの非粘着性効果を活用した優れた性能を持つ離型剤ですが、それにとどまらず、現場で使用しやすいよう工夫された製品も沢山作られています。例をあげると、不燃性溶剤を使用した安全性の高いものや、スプレーで簡単にフッ素コート剤で金型をコーティングできるタイプなどです。現場で手軽に塗布できる離型剤があれば、成形作業を長時間中断せずに済むため、増産対応もやりやすくなるでしょう。

ピックアップコンテンツ